大手精密機器メーカーの調達プロセスの改革

調達の業務プロセスの改革を実行するために、組織編成および業務改善を支援した。

事例
課題: 

・部品調達に関するコストテーブルの仕組みも運用がバラバラ
・サプライヤーの選定基準、育成方法、取引条件も統一されていない
・調達業務が担当者個人に依存。単価中心主義となっていた
・各サイト間で調達機能が重複しており、組織全体の統制機能が存在していない

ソリューション: 

・直接材の企画・調達を統制する機能をセンター機能として位置付けて、1つの組織に機能を集中
・購買原価の開発(育成)・管理体制
・自社調達モデルの企画・管理・実行方式の確立
・自社調達能力を測る指標と管理方式の確立

結果・効果: 

・直接材のコスト削減を実現
・調達機能の効率化


本ページに関するご相談、ご依頼はこちらからお問い合わせください。